タイルライフのトップウッドデッキ > デッキ材の工法一覧

デッキ材の工法一覧

ハンディウッドのデッキ材の各工法の概要をご紹介します。

代表的な3つの工法

QCS工法 (クイック・クッション・スクリュー工法)

デッキ材の側面の溝を利用して固定し、デッキ材の表面にビスが露出しない工法です。 
ビス用の下穴加工も不要なため施工時間の短縮が可能です。 
また、デッキ材1本だけの取り換えが容易な『拝み入れ』が可能で、使用していたデッキ材を裏返して使うこともできます。

『QCS工法』の説明はこちら >>

QT工法 (クイック・ターン工法)

デッキ固定部品「QT」を根太上でひねってデッキに押し込むだけのビスを使わない簡単な工法です。 
戸建てなどの工事音を極力抑えたい場合などに最適です。

『QT工法』の説明はこちら >>

脳天ビス止め工法

従来からの汎用的な工法のため、特別な知識が必要ありません。 
中空材の人工木材の中にはビス止め位置が限定されるものもありますが、ハンディウッドは5mmピッチでビス止め位置が選べるため現場の状況に合わせた設計、施工が可能です。

『脳天ビス止め工法』の説明はこちら >>

工法の特徴比較

※表をクリックすると拡大して見やすくなります。

置き敷き工法

QGP工法 (クイック・グリップ・プレート工法)

軽歩行用のデッキとして、マンションのベランダ等に最適です。

デッキを固定する専用部材「QGP」をつないで、デッキ材をはめ込むだけでデッキが完成する簡単工法。 
使用するのはQGPとハンディウッド材だけで済み、デッキ表面に露出するものがない、美しく、安全な仕上がりを可能にしました。

『QGP工法』の説明はこちら >>

ハンディウッド『置くだけデッキ』

30cm角のパネル状のハンディウッドを置くだけなので、誰でも簡単に設置ができます。

『置くだけデッキ』の説明はこちら >>

インテリア向け工法

小目地工法

インテリア用に小さな目地幅 1个鮴賤僂龍盒颪粘蔽院Τ亮造乏諒櫃任る工法です。 
目地部にコインやカードなどが落ちにくく、インテリアに最適です。

『小目地工法』の説明はこちら >>

デッキパック

必要なパーツが全て揃った便利なデッキの組み立てキットです。 
豊富なサイズバリエーションから選べるデッキのパッケージプランです。

『デッキパック』の説明はこちら >>

関連ページ

※ご注文は「部材一覧表」を利用すると便利です。