タイルライフのトップレンガ&ガーデニングレンガの知識レンガの区分 > レンガの知識
商品を検索する
初めての方にオトクな情報
商品カテゴリ
お客様の施工例
営業日カレンダー
 9月の営業カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
電話受付時間 9:00〜17:00
24時間注文OK! インターネット受注システム

レンガの区分

レンガの区分

品質による区分

普通レンガ

粘土を原料とし、成形・乾燥・焼成したレンガで、主に建物の内外装や花壇等の建造物に使用されます。
焼き物のため寸法誤差は大きくなる傾向があります。

JISでは普通レンガの品質規格を以下のように定めています。

耐火レンガ

本来は窯炉用として作られているため、耐火性の高いレンガです。
そのため1000〜1300℃の高温にも耐えられます。
また高温で焼きしめられているため、非常に頑丈であることも特徴のひとつです。

「耐火レンガ」の商品一覧はこちら >>

使用用途による区分

敷きレンガ

床面に敷き並べるレンガです。
一般的なサイズのほか、様々なデザインに対応できるよう、半マスと呼ばれる小さなサイズのレンガもあります。

「敷きレンガ」の商品一覧はこちら >>

積みレンガ

塀や壁などに使用されるレンガです。
補強用の鉄筋等を入れられるように穴が開いているタイプと、穴の無い笠木用のレンガがあります。

「積みレンガ」の商品一覧はこちら >>