タイルライフのトップ > 豊富な品揃えと安さの秘密は?
商品を検索する
初めての方にオトクな情報
商品カテゴリ
お客様の施工例
営業日カレンダー
 12月の営業カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
営業時間 8:30〜17:30
24時間注文OK! インターネット受注システム

豊富な品揃えと安さの秘密とは?

豊富な品揃えと安さの秘密は?

アウトレットタイルとは?

主に、カタログに掲載されなくなり、タイルメーカーの余剰在庫となってしまった新品のタイルです。

タイルには問題がないのに、保管スペースに限りがあるため、毎年30万m2以上(=甲子園球場約20個分)ものタイルを処分するしかない、タイルメーカー共通の悩みがあります。

独自のビジネスモデル

インターネットを活用した独自のビジネスモデルが、建材メーカー共通の余剰在庫の悩みを解消し、豊富な品揃えと安さを実現しました。

豊富な品揃えの訳

全国のアウトレット情報を一ヶ所に集約する下記の取り組みが、日本最大級の品揃えを実現しました。
  • アウトレットタイル情報の集約
    個々のタイルメーカーでは、アウトレットタイルの種類が少なく、安価にするだけではユーザーのニーズに合致しない等の問題がありました。
    メーカーが参加しやすい新しい仕組みを作り、全国のアウトレット情報を集約することで、メーカーとユーザーの情報のミスマッチを解消しました。
  • インターネットを活用した仕組み
    集約したアウトレット情報を生すため、従来の人的な販売方法でなく、選びやすさを追求したWebシステムを構築しました。
    専用スタジオでわかりやすく撮影した写真や在庫数を掲載し、複数メーカーのサンプルをまとめて取り寄せ可能にする等の取り組みは、多くのユーザーを集め、さらに参加する出品メーカーが増える好循環を生みました。

安さの訳

TileLifeでは出品企業が販売価格を決めるため、出品企業がアウトレット価格を設定しやすくし、また、その価格をダイレクトに反映するために、徹底したシステム化で不要なコストを削減しています。
  • 出品企業名の非公開
    従来価格からの大幅なディスカウントは、自社のイメージダウンにつながる恐れがあるため、メーカー名を非公開にすることで、メーカーの大胆な価格設定を可能にしました。
  • 徹底したシステム化
    送料の自動算出システム』によって、スピーディで正確な処理を実現し、破損対応や受発注、各メーカーのサンプルを効率的に配送するための一元管理などを全てシステム化する事でコスト削減を図り、販売価格への転嫁を防いでおります。

業界初の『送料の自動算出システム』

全国のメーカーからの直送に必要な複雑な処理を、自動化するシステムを開発しました。

業界初の自動算出システム

運送会社のデータと連動して各地の出荷場所からの送料や納入可能日を自動で算出し、重量物の建材を低コストで確実にお届けするためのシステムです。
  • 出荷場所が異なる注文もまとめて対応
    全国に点在するメーカーから直送するには、その都度、異なる配送条件を確認するなど複雑な処理が必要でしたが、ご注文内容に応じてシステムで全てを判断し、スムーズにご購入いただけるようにしました。
    (離島やチャーター便対応などの場合は、住所や重量を自動で判定し別途見積り対応となります。) 
  • お届け先の種類別の対応
    ご注文ごとに異なる距離と重量に対応した正確な送料を計算する当初のシステムをベースに、お届け先の種類や重量によって割高となる配送条件を自動で分類する改良を加え、変動する物流コストに対応することで全国一律の送料を実現しました。

全メーカーからの直送システム

全ての商品をメーカーから直接お届けするため、出品メーカーや運送会社と協力体制を築き、以下の課題をクリアすることで実現しました。
  • 余計なコストの削減と的確な対応の両立
    一般的なネット販売と異なり、重量物の建材は送料の比率が高く、荷受け作業が必要になる等の特殊な事情があるため、商品を一ヶ所に集めて物流をコントロールしやすくする方法が有効です。
    しかし、そのためには、商品の移動にかかる運送費や保管するための倉庫などに余計なコストがかかってしまうため、メーカーから直送しつつ、如何に的確な対応ができるかが課題でした。
  • スピーディで正確な処理
    注文ごとに出荷メーカー異なるため、距離、重量、所要日数、メーカーの休日などの変動する条件に応じたスピーディで正確な処理が必要となります。
    * 出荷メーカーからお届け先までの距離と重量やお届け先の種類別の物流コストの算出
    * 商品ごとに異なる出荷所要日数と出荷メーカーからの運送日数に応じた納入可能日の算出
    * 算出した通りに実際の物流をコントロールする事

輸送距離を減らし、地球にやさしい取り組み

お客様ごとに違うお届け先に応じて、お客様が送料節約のために、より近い「出荷元エリア」の出品メーカーからの購入を増やしていただく取組を続けることで、商品の輸送距離を減らし、CO2の削減につなげたいと考えております。