タイルライフのトップフローリングフローリングの知識フローリングのメンテナンス > フローリングの知識
商品を検索する
初めての方にオトクな情報
商品カテゴリ
お客様の施工例
営業日カレンダー
 4月の営業カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
電話受付時間 9:00〜17:00
24時間注文OK! インターネット受注システム

フローリングのメンテナンス

日常のお手入れ

日常のお手入れは乾いた雑巾やモップをご利用ください。

化学モップを使う場合はドライタイプを選んでください。長時間、床に放置すると変色する恐れがあるので、ご注意下さい。

汚れがひどく水拭きをする場合は、水分が床表面に残らないように固く絞ってから行ってください。
特に、無垢フローリングの表面を自然塗料や油分などで仕上げている場合は、水拭きすると剥がれてしまう恐れがありますので、部分的に試してから実施してください。

ワックスがけ

ワックスがけに、水性ワックスは使用しないで下さい。
また、標準的な塗装以外のフローリングの場合は、仕上げや種類などに適応したものを選び、注意書きをよく読んでお使い下さい。

ワックス掛けの頻度については、ご使用条件にもよりますが、一般的には、2〜3ヶ月に1回程度が目安となりますが、フローリングによっては、ワックスが不要な製品もあり、ワックスでムラになる場合もありますので、商品説明を必ず事前に確認してください。

表面のゴミ・ホコリ・汚れ・水気をきれいに除去後、布にワックスをしみ込ませ、薄く均一にムラなく塗布することがポイントです。ワックスを表面に多量にまき散らして塗布すると、溝部より水分が浸透し部分的なふくれなどで美観品質をそこなうことがありますので、絶対にしないでください。

塗布後は換気を良くして十分乾燥させてください。

※ワックスがけ直前・直後にはダストコントロールモップや化学ぞうきんは使用しないでください。
※ワックスの種類(特に油性ワックスや油脂・ロウの入った水性ワックスなど)によっては、滑りやすくなる場合がありますのでご注意ください。
※ワックス剥離剤はご使用にならないでください。基材にふくれ、塗膜の光沢ムラや変色などの影響が出る恐れがあります。