タイルライフのトップフローリングフローリングの知識フローリングの施工 > フローリングの知識
商品を検索する
初めての方にオトクな情報
商品カテゴリ
お客様の施工例
営業日カレンダー
 7月の営業カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
営業時間 8:30〜17:30
24時間注文OK! インターネット受注システム

フローリングの施工

工法

直張り工法

フローリング材を接着剤のみで下地に施工する方法です。
下地がモルタル面や合板が捨て張りされている場合など、平滑で強度のある下地が必要となります。
一般的には直貼り専用のフローリング材が用いられ、コンクリート建造物等の躯体床面に強度がある場合は、根太や各種下地工法を省く事ができます。

釘打工法

フローリング材を釘により下地に施工する方法で、最近では接着剤を併用する場合が多くなっています。
釘打工法は、下地により根太(ねだ)工法と捨張工法があります。

  • 根太工法
    床の下地の角材(根太)の上に直接床材を張る方法です。
  • 捨張工法
    根太やその他構造材の上に合板等を捨て張りした上に施工する方法で、たわみ・反りを軽減できます。

 

複合フローリングの施工

直張り工法

【下地処理】

  • モルタルの配合比は、出来る限り硬練して(セメント:砂:水=1:25:05)30mm程度の厚さに定規摺りし、不陸が出来ないよう金ゴテで3回以上、しっかりと押さえて下さい。
    特に部屋の隅は、ハネ上がりや落ち込みの無い様、幅木や壁に直角に押さえて下さい。
  • モルタルの不陸は、1mに付き3舒米發任△觧を確認して施工して下さい。下地の不陸が大きいと、フローリングと下地の間に空間が出来る為、歩行時に不快感が生じる事があります。
  • モルタルの乾燥度は、含水率10%以下で施工して下さい。
    水分が高い場合、モルタルが乾燥する過程でに亀裂が生じ易く、フローリング間に隙間が出来るなど、不具合が生じる場合があります。
    通常施工時の目安として、モルタルの養生期間は1階部分で3週間、2階部分で2週間、デッキプレートは5週間以上必要です。
    特に厳冬期は、地域や同一現場でも差が生じますので、環境を考慮し十分注意して下さい。
  • 施工面には、シート等、物を置かないで下さい。
    また、天気の良い日には、窓を開放して風通しを良くして下さい。
  • モルタルが平滑でない場合は、モルタル表面に付着している異物を除去し、下地が悪い場合は、ワイヤブラシ付ポリッシャーで表面の浅留セメントを、取り除いて下さい。
  • ホウキ等で大きなゴミ等を除去し、掃除機で小さなホコリまで除去して下さい。

【仮並べ】
  • フローリング表面は天然木のため、木目や色に違いがありますので、必ず仮並べをして全体のバランスを確認して下さい。
  • 特に気になる木目や色が入った材料は、目立たない場所に貼る等の工夫をして下さい。

【フローリング張り】
  • 施工前に、掃除機や箒で下地表面がキレイに清掃されているか確認して下さい。
  • モルタルの乾燥度を確認し、モルタル水分計で数値が10%以下でなければ、施工はしないで下さい。
  • モルタル面の不陸を調査し、1mにつき3舒米發貿爾泙辰討い觧を確認して下さい。
  • フローリングを張り始める前に、基準墨出し線を引き、割り付けや色合わせをチェックし、巾木までの寸法等を測定し貼り始めの巾決めをして下さい。
    巾決めをした製品をカットして、エンドの接着部が1ヶ所に集中しないように、割り付けて下さい。
  • 接着剤を「櫛ヘラ」を使って下地に均等に塗布して下さい。
    接着が乾かないうちに、ゴムハンマーを用いて表面を叩き、目スキが出ない様に貼り込んで下さい。
  • 窓際は2〜3个隆岾屬魘け、フローリングを巾木にのみ込ませるか、コーキングで隠れるように施工して下さい。
  • 貼り始めと、納めの部分や巾決めのカットした箇所は、サネがカットされて浮き易い為、特に注意して押さえ込んで下さい。
  • 接着剤が、表面又は巾木等に付着しないように注意し、付着した場合は素早く取り除いて下さい。
  • 貼り込み終了後、他の工事を行う際は、接着剤が付着しないよう、保護シート等でしっかり養生して下さい。
  • 施工終了後、夏場は12時間、冬場は24時間、立ち入り禁止として下さい。

【施工後の注意点】
  • 表面に擦り傷が付かないよう養生シートを敷き、床用養生テープで止め、その上にダンボールや合板を敷いて養生して下さい。
  • 養生テープは接着が弱いテープを使用して下さい。長期間接着を続けると、糊残り、変化、または表面の塗装面にテープが付着するので、注意して下さい。
    特に市販のガムテープやクラフトテープ等は、粘着力が強すぎて、剥がす際に表面の塗装にダメージを与える場合があるので、絶対に使用しないで下さい。
  • 貼った後の養生シートの上には物を置かないで下さい。
  • 室内の換気は十分に取って下さい。特に夏場の高温度や冬場の急激な暖房にもご注意下さい。
  • 養生が不十分な場合は、表面や木の目に埃やチリが残り、通常のクリーリングでは取れなくなる事があるため、特に色の濃いフローリングの養生には十分ご配慮下さい。

【その他の注意事項】
  • フローリングは開梱後すぐに施工して下さい。雨濡れしたものは使用しないで下さい。
  • 雨天など湿気の高い天候下では施工を控えて下さい。

 

釘打工法(捨貼工法)

【下地処理】

  • 下地合板には厚さ12mm以上のJAS耐水1類合板(F☆☆☆☆)をご使用下さい。
  • 含水率は12%以内にして下さい。
  • 大引は90mm(3寸)角以上、根太は45mm角以上の乾燥材をご使用下さい。
  • 大引の間隔は909mm(3尺)、根太の間隔は303mm(1尺)として下さい。
  • 床を木口継ぎにする部分の下に必ず根太がくるようにして下さい。
  • 重量物を置く場所、ひんぱんに出入りする箇所などは根太の間隔を150mm位に巾を狭くして下さい。
  • 床下の湿気による突上げと腐れ防止のため、床下には必ず建築基準法に基づく通風口(5m以内に300c岼幣)を設けて、風通しをよくして下さい。
  • 雨濡れなどの湿った状態の下地には施工しないで下さい。
  • 下地の不陸のないことを確認して下さい。下地合板の継ぎ目の段差は0.3mm以内にして下さい。

【仮並べ】

  • フローリング表面は天然木のため、木目や色に違いがありますので、必ず仮並べをして全体のバランスを確認して下さい。
  • 特に気になる木目や色が入った材料は、目立たない場所に貼る等の工夫をして下さい。

【フローリング張り】

  • フローリング張りには、必ず釘と接着剤を併用して下さい。
  • 接着剤は、一般的な木工ボンドなどの水性ボンドは床鳴りの原因になりますので、絶対に使用しないで下さい。
  • 接着剤はビード状に塗布して下さい。ビードの高さは6mmが標準です。糊の剥がれによる床鳴り防止のため根太上の位置にしっかり塗布して下さい。

【フローリング張りの注意点】

  • フローリングは下地に完全密着させて釘止めするため、下地の不陸、段差はそのまま表面の段差、突上げの原因になります。下地合板の継ぎ目とフローリングの継ぎ目は、重ならないようにご注意下さい。
  • 施工する床面の寸法を割り出し、必ず右隅から貼って下さい。
  • 釘の打ち込み角度は45度から60度で、打ち込み深さ調節は頭部が残らないか僅かに埋まる程度にして下さい。
  • 捨て貼り下地でも根太の位置に釘を打つようにして下さい。釘の足が根太に入るようにして下さい。
  • 頭部が残った場合はポンチで打ち沈めて下さい。

【施工後の注意点】

  • 表面に擦り傷が付かないよう養生シートを敷き、床用養生テープで止め、その上にダンボールや合板を敷いて養生して下さい。
  • 養生テープは接着が弱いテープを使用して下さい。長期間接着を続けると、糊残り、変化、または表面の塗装面にテープが付着するので、注意して下さい。
    特に市販のガムテープやクラフトテープ等は、粘着力が強すぎて、剥がす際に表面の塗装にダメージを与える場合があるので、絶対に使用しないで下さい。
  • 貼った後の養生シートの上には物を置かないで下さい。
  • 室内の換気は十分に取って下さい。特に夏場の高温度や冬場の急激な暖房にもご注意下さい。
  • 養生が不十分な場合は、表面や木の目に埃やチリが残り、通常のクリーリングでは取れなくなる事があるため、特に色の濃いフローリングの養生には十分ご配慮下さい。

【その他の注意事項】

  • 床材は開梱後すぐに施工して下さい。雨濡れしたものは使用しないで下さい。
  • 下地は濡れや湿気のないことを確認の上ご使用下さい。
  • 雨天など湿気の高い天候下では施工を控えて下さい。
  • 床下の風通しをよくして下さい。
    ※風通しが悪いと湿気が高くなり、床材の盛り上がり、腐れなどの原因となる事があります。

 

無垢フローリングの施工

施工前のご注意

 

  • 直射日光や雨を防ぎ、高温多湿でない風通しの良い場所に水平に置いて保管して下さい。
  • 天然木製品のため、一枚毎及び一枚の中でも多少色柄が異なります。必ず仮並べして、色柄のバランスを確認して下さい。
  • 製品や施工環境によっては、最低1週間前に開梱し現場湿度になじませるなどの対策が必要となる場合がございます。

 

施工上のご注意

 

  • 床下の湿気による床材の突上げや、腐れを防止するために、床下には換気口を設けて下さい。
  • 一般的な木工ボンドなどの水性ボンドは床鳴りの原因になりますので、絶対に使用しないで下さい。
  • 無垢材の施工では、湿度が高くなった場合の伸びを考慮し、フローリングの継ぎ目には0.3mm程度(名刺1枚程度の厚さ)の隙間を設けて下さい。(図1)
  • 壁際は幅木下にのみこませて逃げを設けるなど、必ず端部を密着させたり、固定したりせず隙間を設けて下さい。(図2)
  • 隙間の設け方は、施工環境や床面積に応じて調整してください。

 

無垢フローリング施工上の注意画像1
無垢フローリング施工上の注意画像2

フローリングの張り方バリエーション

乱尺張り

フローリング材の長さが一定ではなく、さまざまな長さのフローリング材の四方に本ザネ加工を施したものを乱尺フローリングといい、張りあがったパターンを乱尺張りと呼びます。
木の継ぎ目部分が一枚ごとにはっきりするため、一枚一枚が独立した印象で天然の木材の質感を表現します。
そのため、仮並べをして、色合いや木柄のバランスを調整したり、その継ぎ目が隣の板と重ならないようにずらす等の施工上の工夫をすることで、床面のナチュラルな雰囲気がいっそう引き立ちます。

<無垢材のユニタイプとの違い>
ユニタイプの張り上がりは一見乱尺とよく似ていますが、フィンガージョイントでつなぎあわせた接合部は、乱尺フローリングと比べて平面的な印象となります。
木材の素朴さの印象では若干劣りますが、施工の手間が軽減されるだけでなく、施工者による張り上がりのバラつきが少ないのが特徴です。

乱尺張り

りゃんこ張り

同じ寸法のフローリングを、一定にずらして張る方法をりゃんこ張り、またはずらし張りと呼びます。
特に長さの半分の寸法ずつずらす方法を、レンガ張りと呼ぶこともあります。3尺ずらし、1尺ずらしなど、ずらす寸法によって、並べ方も変わりますが、木の継ぎ目を直線上に合わせることで整然とした印象を与えます。

りゃんこ張り

斜め張り

フローリングを壁に対して平行に張らず、斜めに張り上げるため、床の独立性を強調した動きのある空間に仕上がります。

寄木張り

無垢の木材の小片を、ヘリンボーンや市松といった模様に張り上げることを「寄木張り」といいます。
明治・大正時代に建てられた洋館にこの寄木張りが採用されたことから、クラシックな雰囲気も感じさせるデザイン性の高いフローリングに仕上げることができます。
施工性を向上するため、あらかじめ工場で寄木風に組み合わせて製造された製品なども市場に流通しています。

すだれ張り

同じ長さのフローリング材を巾方向の接合面をそろえて張る方法をすだれ張りといいます。