タイルライフのトップ石材石材の知識石材の施工 > 石材の知識
商品を検索する
初めての方にオトクな情報
商品カテゴリ
お客様の施工例
営業日カレンダー
 7月の営業カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間 8:30〜17:30
24時間注文OK! インターネット受注システム

石材の施工

石材の施工

改良圧着張り(壁面)

改良圧着張り
下地モルタル 木ごて押さえ
貼り付けモルタル セメント 1
1〜2(粒度2.5mm以下)
混和剤 メチルセルロースなど
張り代 下地側 4〜6mm
石材側 塗り厚2〜4mm

貼付けモルタルを下地面に塗り、さらに石材側にも薄く張付けモルタルを塗り付けながら張りつける工法で、 下地と石材の両面に張付けモルタルを塗り付けるため、ばらつきが少なく、きわめて安全性の高い工法です。

1 下地の調整
\从狡イ蠅棒萠ち、下地の清掃を行う。
下地乾燥の程度を調べ、必要に応じて石材張りの前日または当日に水湿しにより下地表面処理を行う。
下地の吸水性にムラがある場合には、吸水調整材を用いて下地表面処理を行う。
2 石材の割付け
〇楾図と照合し、基準墨から仕上げ墨出しを行い、各部位との取合いについての寸法の確認を行う。
∋楾図における石材の割付図と仕上げ墨出しの結果から、目地割りを決定する。
L榁漏笋蠅暴召辰凸榁漏笋蠶蟯を作成し、基準となるコーナー部にピアノ線または水糸を引き通す。
3 基準石材張り
.魁璽福蕊瑤箜口部まわりの役物石材は、その他の平部分石材張りに先立ち基準を設けるために施工する。
4 石材張り
1回の塗付け面積を2岼米發箸靴董張付けモルタルを下地面積に4〜6mmにむらなく塗る。
張付けモルタルは、混練りから施工終了まで60分以内で使用する。
塗り置き時間は、夏期で30分、冬期で40分以内とする。
石材裏面全体に張付けモルタルを2〜4mm程度の厚さで平らにならし、直ちに下地面に押し付け、さらに石材張りに用いるハンマーなどで石材の周辺からモルタルがはみ出すまで、入念にたたき押さえを行う。 あらかじめ設けた水糸に合わせて、よく平らに張付ける。
じ畫阿よび午後の石材張付け開始時に張付けた石材を張付け直後にはがし、下地と張付けモルタルの接着状況を確認する。
ダ从狡イ蠅終了した後、張付けモルタルの締まり具合を見計らって、目地部分の掃除を行う。
POINT
●石材裏面に空隙ができないように、裏面全体に張付けモルタルをのせます。
●下地側の張付けモルタルの塗り置き時間は、2時間程度までとします。
●目地の深さは、石材厚さの1/2以下になるまで目地モルタルを充填する。(石材はく離の原因となるので)
●400mm角、20mm厚までの方形石材や乱形石材の場合、高い場所へ施工する場合は、落下防止の金具などを併用してください。
※接着剤・目地材等につきましてはメーカーの仕様に基づいてご使用ください。
※積層状の組成で表面層が剥がれる可能性のある石材の壁面への施工はお避け下さい。
※一般的な施工方法のため、石材の特性や施工及び使用条件に応じた施工方法をご採用ください。

接着剤張り(壁面)

接着剤張り

接着剤の点付け塗布方法

接着剤張り

この工法は平滑な下地面に、有機質接着剤を使って石材を貼り付ける方法です。
施工は比較的容易で作業性も良く、下地もモルタルに限らず合板、無機質ボード類などに広く適用できます。
接着剤をくし目ごてを使って下地面に塗り広げ、振動工具などを使い石材をもみ込むようにして張ります。

1 下地の調整
\从狡イ蠅棒萠ち、下地の清掃を行う。
⇒機質接着剤により石材張りを行う場合は、下地面を十分乾燥させる。
2 石材の割付け
〇楾図と照合し、基準墨から仕上げ墨出しを行い、各部位との取合いの条件について寸法の確認を行う。
基準となるコーナー部・開口部まわりの役物石材、および壁面中央部における水平基準となるための基準石材張りを行う。
3 石材張り
^貔分形の接着剤を用いる場合は、製造会社の指示する塗り置き時間に留意して石材を圧着する。二成分形の接着剤を用いる場合は、可使時間以内に石材を圧着する。
二成分形の接着剤を用いる場合は、メーカー指定の混合比率を厳守し、硬化不良を防止するため十分に混練する。
接着剤は製造会社指定のくし目ごてを用い、塗厚2〜3mm程度になるようにし、かつ、下地面に押さえつけるよう入念に塗布する。
げ蔀呂よび石材と接着剤との接着状況を確認するため、適時石材をはがして接着状況を確認する。
200mm角以上の大きさの石材を張る場合は、特に石材のずれが生じないような接着剤を選定して張付ける。
POINT
●施工箇所、用途にあった適切な接着剤の選定が必要です。
●塗り付け面積は接着剤表面に乾燥皮膜ができないうちに石材を張ることのできる広さ(通常2m2以下、30分以内)を塗っていくことが必要です。
●下地はよく乾燥し、汚れがつかなく、かつ高い平滑度(長さ2mに対して±1mm程度)が必要で、モルタル下地の場合は金ごてで仕上げます。
●目地の深さは、石材厚さの1/2以下になるまで目地モルタルを充填する。(石材はく離の原因となるので)
●400mm角、20mm厚までの方形石材や乱形石材の場合、高い場所へ施工する場合は、落下防止の金具などを併用してください。
※接着剤・目地材等につきましてはメーカーの仕様に基づいてご使用ください。
※積層状の組成で表面層が剥がれる可能性のある石材の壁面への施工はお避け下さい。
※一般的な施工方法のため、石材の特性や施工及び使用条件に応じた施工方法をご採用ください。

改良圧着張り(床面)

改良圧着張り
下地モルタル 1:3〜4
貼り付けモルタル
(樹脂モルタル)
セメント 1
細骨材 1〜2(粒度2.5mm以下)
混和剤 メチルセルロースなど

壁面でのそれと同様、あらかじめ木ごて押さえしたモルタル下地を作成します。
その上に張付けモルタルを塗布し、石材裏面にも張付けモルタルを塗り、張付けます。
300角以上の大板床石材の施工に適した張り方です。

1 下地の調整
\从狡イ蠅棒萠ち、下地の清掃を行う。
下地乾燥の程度を調べ、必要に応じて石材張りの前日または当日に水湿しにより下地表面処理を行う。
下地の吸水性にムラがある場合には、吸水調整材を用いて下地 表面処理を行う。
2 石材の割付け
〇楾図と照合し、基準墨から仕上げ墨出しを行い、各部位との取合いや水勾配などの条件についての寸法の確認を行う。
∪从犹転紊り面を基準として墨もしくは水糸を引き通す。
3 基準石材張り
…廠僂隆霆爐鬚箸襪燭瓩北榁漏笋蠅鳳じて、縦・横3〜4m間隔に基準石材張りを行う。
4 石材張り
1回の塗付け面積を2m2以内として、張付けモルタルを下地面積に3〜4mmにむらなく塗り、定規ずりによって平坦にならす。
貼り付けモルタルは練り混ぜから施工完了まで60分以内で使用し、塗置き時間は 、夏期で20分、冬期で40分以内とする。
石材裏面全体に張付けモルタルを3〜5mm程度の厚さで平らにならし、直ちに下地面に押し付け、さらに石材張りに用いるハンマーなどで石材の周辺からモルタルがはみ出すまで、入念にたたき押さえを行う。
じ畫阿よび午後の石材張付け開始時に張付けた石材を張付け直後にはがし、石材と張付けモルタルおよび下地と張付けモルタルの接着状況を確認する。
ダ从狡イ蠅終了した後、張付けモルタルの締まり具合を見計らって、目地部分の掃除を行う。
POINT
●張りつけモルタルには上記の表のとおり、混和剤入りの樹脂モルタルを使用してください。
●石材裏面のアルミナ(白い粉)をウエス等で除去後施工をしてくだい。
※接着剤・目地材等につきましてはメーカーの仕様に基づいてご使用ください。
※一般的な施工方法のため、石材の特性や施工及び使用条件に応じた施工方法をご採用ください。

セメントペースト張り(床面)

セメントペースト張り
  セメント 細骨材
硬練りモルタル 1 3〜4(粒度2.5mm以下)
セメントペースト 1
1 下地の調整
\从狡イ蠅棒萠ち、下地コンクリートの清掃を行う。
2 石材の割付け
〇楾図と照合し、基準墨から仕上げ墨出しを行い、各部位との取合いや水勾配などの設計条件について寸法の確認を行う。
∪从爐了転紊衞未魎霆爐箸靴董∨呂發靴は水糸を引き通す。
3 基準石材張り
…廠僂隆霆爐鬚箸襪燭瓩法¬榁漏笋蠅鳳じて縦・横3〜4m間隔に基準石材張りを行う。
下地コンクリート面に水打をしたのち、敷きモルタルを石材幅の2倍ほどの幅に敷き平坦にならす。
I澆モルタルの硬化前にセメントペーストを敷きモルタルに上に流し、直ちに仕上り糸に合わせゴムハンマーなどを用いてたたき押さえをする。
ね省な敷きモルタルを取り除き掃除しておく。
POINT
●十分にタタキ締めて下地を作ります。
4 石材張り
ヾ霆狎从狡イ蠅鮃圓辰振莢萋發防澆モルタルを敷き、十分叩きしめて基準石材間に水糸をはりながら、基準石材張りと同様に石材を張り進める。
¬榁鷲瑤棒垢蠑紊ったセメントペーストを、その硬化を見計らって取り除く。
石材張りや目地さらいの際には、張り上げた石材を動かさないよう注意する 。
POINT
●この時セメントペーストは、石材を1枚張るごとに塗布します。
●セメントペースト及び敷きモルタルが石材全裏面に隙間無いようにしっかりとたたき押さえをします。
※接着剤・目地材等につきましてはメーカーの仕様に基づいてご使用ください。
※一般的な施工方法のため、石材の特性や施工及び使用条件に応じた施工方法をご採用ください。

石材用の接着剤・目地材の早見表

壁面 接着剤 早見表
サイズ 屋内壁 屋外壁
合板など モルタル下地 既存のタイルの上 モルタル下地
壁用石材
セメント疑石




アイコン画像_50273SNB 50273 アイコン画像_50273SNB 50273 アイコン画像_50273SNB 50273 アイコン画像_50273SNB 50273
アイコン画像_50271SNB 50272 アイコン画像_50271SNB 50272   45421 アイコン画像_50273SNB 50336
乱形・方形石材
(割肌)




アイコン画像_50273SNB 50273 アイコン画像_14630TMN 14631  アイコン画像_50273SNB 50273 アイコン画像_14630TMN 14631
アイコン画像_50271SNB 50272 アイコン画像_50271SNB 50272 45421  アイコン画像_50270SNB 50270
御影石・大理石



アイコン画像_50273SNB 50273 アイコン画像_50273SNB 50273 アイコン画像_50273SNB 50273 アイコン画像_50273SNB 50273
アイコン画像_50271SNB 50272 アイコン画像_50271SNB 50272   45421 アイコン画像_50270SNB 50270
他の石種はこちら>>

床面 接着剤 早見表
床面 屋内床 玄関・浴室床 屋外床
合板下地 モルタル下地 既存タイルの上 コンクリート下地
(御影石・大理石 アイコン画像_50226 50226 アイコン画像_14630TMN 14631 45420 アイコン画像_50236TMN1-R 50236
他の石種はこちら>>

内外装 目地材 早見表
  目地幅 2〜3mm 目地幅 3〜5mm 目地幅 5〜10mm
浴室壁 50274 50274 11618
屋内壁 50274 50274 50274
屋外壁 (モルタル張り) - 50280 50280
屋外壁 (弾性接着剤張り) - 50280 50280
住宅浴室床 50279 50279 50279
大浴場・プール床 50279 (注1) 50279 (注1) 50279 (注1)
居室床 (木下地) 11623 (注2) 11623 (注2) 11623 (注2)
屋内床 50279 50279 50279
屋外床 - 50280 50280

(注1)清掃などにより磨耗する場合があります。目地押さえをする、セメント富調合にするなどで目地強度を上げてください。
(注2)大理石など吸水性のある石材ではシミが出ることがありますので、側面・裏面にシーラー(石材用シーラー)処理を行ってください。

※一般住宅程度のご使用方法で、標準的なタイルと下地や施工条件を想定した場合の目安表となります。

タイルDIY 貼り方ビデオ解説
お客様の作品・声 タイルDIY集

 

石材の知識

石材選びの参考になる石材の仕上や種類などをご紹介しています。
初めての方でも、目的に応じた石材の選び方や貼り方がわかるようになります。